生産現場のロボット化と自動化を支援するウェブマガジン

2019.02.12

[特集SIerになろうvol.0]これほどの成長産業は他にない

産業用ロボットがあらゆる産業から注目されている。ロボットは周辺機器や他の設備などと組み合わせてシステム構築しなければ使えないが、そのシステム構築を担うシステムインテグレーター(SIer、エスアイアー)の数が足りていない。成長が確実な産業で、需要は増えるが担い手不足。新規事業を模索する企業にとっては、SIer業界参入の絶好のチャンスだ。
そこで「robot digest(ロボットダイジェスト)」では、工場自動化(ファクトリーオートメーション、FA)の専門誌「月刊生産財マーケティング」編集部とタッグを組んで、「SIerになろう」と題した総力特集を実施した。


SIerって何?

 「SIer」――。システムインテグレーションの頭文字SIに、「~する人」を意味する英語の接尾辞-erを付けた造語だ。
 少し前まではITシステムを構築する事業者を指すことが多かったが、最近はロボットシステムを構築する事業者を指すことも増えた。
 少子高齢化により人手不足が深刻化する中、あらゆる産業で一層の自動化が求められている。汎用性が高く、さまざまな作業を自動化できる産業用ロボットは、日本の産業界の救世主と言える。しかし、産業用ロボットが普及する上でボトルネックとなりかねないのがSIer不足だ。
 ロボットは単体だけでは使えない「半製品」と言われ、各種周辺機器や他の設備と組み合わせることで初めて稼働できる。そのシステムを組むSIerが足りていない。

新規参入のチャンス

 需要は急拡大が見込めるが担い手がいない。これは新規参入の絶好のチャンスだ。
 ロボットを据え付けて他の設備や周辺機器と組み合わせ、各種設定や調整をし、ロボットのプログラミングまでこなす。SIerには機械と電気の両方の技術が必要で、参入のハードルは低くないが、業務内容は製造業の生産技術部門に近い。製造企業の生産技術部門や工作機械などの設備機械メーカーならば十分参入を狙える。
 現在のSIerの多くは、各地域の専用機メーカーや、元はロボットのユーザーだった企業の生産技術部門であり、部品加工会社などの生産技術部門や機械メーカーが参入できない理由はない。

 ロボットに関するノウハウは新たに積む必要があるが、政府はシステムインテグレーションができる人材を2016年の1万5000人から、20年に3万人まで倍増させる方針で、助成事業で整備した研修施設も各地に増える。

TOP