生産現場のロボット化と自動化を支援するウェブマガジン

特集・トピックス

RECENT POSTS

[人事]不二越新社長に坂本淳氏、2月19日付

不二越は1月15日、坂本淳取締役経営企画部長の社長就任が内定したと発表した。就任予定日は2月19日。同日開かれる株主総会と取締役会の決議を経て正式に決定する。坂本新社長は1987年日本大学商学部卒。同年不二越入社。2010年経営企画部経営管理室長、15年執行役員、17年から現職。1964年生まれの54歳。薄田賢二社長は特別顧問に就任する。

欧米や日本だけじゃない。台湾にもロボットメーカーが!【その1】

産業用ロボットと言えば、米国で研究が進められ、欧州メーカーが市場を開拓し、日本メーカーもそれに続いたとされる。諸説あるものの、欧州と日本のメーカーが多くのシェアを占める現状を見れば疑いようもない。しかし欧州や日本のメーカーだけでなく、台湾にも産業用ロボットのメーカーがあり、工作機械とともに中国をはじめとするアジアや欧州の新興国の市場に進出している。台湾メーカーのロボットと、ロボットを導入した自動化や省人化の取り組みを紹介する。

[人事]ファナック、12月20日付

ファナックが2018年12月20日付で人事異動を行った。※カッコ内は前職、部長は省略〔ロボット事業本部ロボット機構開発研究所〕副所長兼スポット溶接ロボット開発兼製造統括本部長補佐(要素技術開発)井林純◇ハンドリングロボット開発(スポット溶接ロボット開発)丹野善博◇スカラ・ゲンコツロボット開発(ハンドリングロボット開発)滝川隆士

ティーチングソフトを機能強化、単体で使用可能に/ゼネテック

ソフトウエアを開発・販売するゼネテック(東京都新宿区、上野憲二社長)は、産業用ロボットのティーチングソフト「Robotmaster(ロボットマスター)」の日本語最新版である「Version7.0」(バージョン7.0)を1月16日に発売した。従来はロボットマスターの動作プログラムの作成に同社が販売するCAD/CAMソフト「Mastercam(マスターキャム)」の機能を使っていたため、ロボットマスターを使用するにはマスターキャムの導入が必須だった。バージョン7.0はロボットマスターに動作プログラムの作成機能を組み込んだため、単体で使用可能。他にも、周囲との衝突を回避する機能などを改良した。ロボットマスターは米国Hypertherm(ハイパーサーム)が開発。パソコン上で動作プログラムを作成できるので、専用の操作盤でロボットに動きや姿勢を直接記憶させる必要がなく、ロボットを長時間止めずに済む。

ロボットで溶接、塗布!/ロボット活用が進んだ分野に学ぶ

「第18回光・レーザー加工展(フォトニクス)」など3つの展示会が12月5日~7日、千葉市美浜区の幕張メッセで開かれた。会場で来場者の注目を集めたのは、ロボットを活用した実演だ。溶接や塗装加工の分野では産業用ロボットを早くから活用してきた歴史があり、知見やノウハウも多い。これら分野の最新提案から、今後の産業用ロボットの動向を探ってみたい。

仮想空間上で自動化設備のシミュレーションが可能に/FUJI

FUJIは1月10日、3次元データを活用したサービスを提供するラティス・テクノロジー(東京都文京区、鳥谷浩志社長)と共同で、自動化設備の導入を効率化するプラットフォーム「e-Sys(イーシス)」の開発を進めていると発表した。イーシスはロボットシステムの構築を担うシステムインテグレーター(SIer)向けのプラットフォーム。ロボットや周辺機器など、自動化に必要となるさまざまな製品の3次元データを入手できる。データを組み合わせることで自動化設備の構成や動作を仮想空間上でユーザーと共有でき、認識違いによる手戻りをなくせる。

コントローラーをオークマにOEM供給、ティーチングを最小化/MUJIN

 ロボットコントローラーを製造するMUJIN(東京都墨田区、滝野一征最高経営責任者〈CEO〉)は1月10日、工作機械製造大手のオークマへコントローラーのOEM供給を開始したと発表した。
 CNC旋盤に内蔵するためのロボット「ARMROID(アームロイド)」と、自動化システム一式をコンパクトにパッケージ化した「STANDROID(スタンドロイド)」のコントローラーに採用された。狭い機内でも周囲にぶつからない経路をコントローラーの人工知能(AI)が自動で作成するため、ロボットに動作を教え込むティーチングが最小限で済む。
 アームロイドは加工物の付け外しや、機内の洗浄など複数の工程を1本のロボットアームで担う。スタンドロイドは加工材料のストッカーとロボットが一体化したユニットを機械の横に設置し、電源とネットワークケーブルをつなぐだけで自動化システムの据え付けが完了する。

新社長に小原真一氏/オリックス・レンテック

1月1日、ロボットのレンタル事業などを手掛けるオリックス・レンテックの社長に小原真一(おばら・しんいち)氏が就任した。1982年慶応義塾大学商学部卒。同年オリエント・リース(現オリックス)入社。2011年事業投資本部副本部長。2015年近畿営業本部副本部長。16年執行役、17年グループ関西代表。山口県出身。1960年生まれの58歳。井尻康之前社長は執行役員会長に就任した。

[新春インタビュー]ロボットは“つながる”ことで飛躍的に進化する【後編】/ファナック稲葉善治会長兼CEO

新春企画の第2弾は、ファナックの稲葉善治会長兼最高経営責任者(CEO)への特別インタビュー。工作機械用CNC(数値制御)装置および産業用ロボットの世界的なメーカーとして知られるファナック。同社はCNC装置や産業用ロボットの他に、製造業向けのモノのインターネット(IoT)プラットフォーム「FIELD system(フィールドシステム)」を提供している。前編では稲葉善治会長兼最高経営責任者(CEO)に、ロボット産業の現状などを聞いた。後編では、ファナックの具体的な取り組みや展望を語ってもらった。

TOP