生産現場のロボット化と自動化を支援するウェブマガジン

ニュース

NEWS

仮想空間での作業の検証が可能に/ABB

スイスに本社を置く大手ロボットメーカーABBは9月、ピッキングロボット向けのソフトウエア「PickMaster Twin(ピックマスターツイン)」を開発したと発表した。ピックマスターツインはピックマスターの第3世代のソフトで、ピッキング作業の速度を15%向上させた他、物の形や構造、動きなどを仮想空間上にそのまま再現する「デジタルツイン」と呼ばれる技術を搭載する。仮想の生産ラインで作業を事前に確認できるので、ロボットの導入や調整にかかる費用と時間を削減できる。

愛知にAGVの展示スペースを開設/明電舎

愛知にAGVの展示スペースを開設/明電舎

明電舎は9月26日、愛知県清須市の名古屋事業所に無人搬送車(AGV)の展示スペース「AGVファクトリー」を開設したと発表した。延床面積250㎡の空間に4種類のAGVを展示する。磁気誘導、レーザー誘導、自律誘導の3種類の誘導方式をそろえ、協働ロボットを搭載したタイプや、ユーザー自身が組み立てるキットタイプの製品も展示する。

過去最高を更新、2018年の世界のロボット販売額/国際ロボット連盟

過去最高を更新、2018年の世界のロボット販売額/国際ロボット連盟

ドイツに本部を置く国際ロボット連盟(IFR、会長・津田純嗣安川電機会長)は9月18日、世界のロボット市場を調査した「World Robotics report(ワールド・ロボティクス・リポート)」の概要を公表した。同調査によると、2018年の世界の産業用ロボット販売額は、過去最高の165億ドル(約1兆7800億円)を達成。出荷台数は42万2000台で、前年比6%の増加となっ

仮設用の移動式安全柵を発売/キャプテンインダストリーズ

仮設用の移動式安全柵を発売/キャプテンインダストリーズ

ロボットや工作機械の周辺機器を輸入販売するキャプテンインダストリーズ(東京都江戸川区、山下宏社長)は9月26日、移動式の安全柵「アクセレントモバイル・パネル(仮設用)」を発売する。スウェーデンの安全柵メーカー、アクセレントの製品で、キャスターが付いた土台や柱、パネルを自在に組み合わせて仮設の防護柵を構築できる。

デンマークのAGVメーカーMiRの国内販売代理店に/IDECファクトリーソリューションズ

デンマークのAGVメーカーMiRの国内販売代理店に/IDECファクトリーソリューションズ

制御機器メーカーIDECの子会社で、システムインテグレーター(SIer、エスアイアー)のIDECファクトリーソリューションズ(愛知県一宮市、武仲清貴社長)は9月、デンマークの無人搬送車(AGV)メーカー、モバイル・インダストリアル・ロボッツ(MiR)と国内の販売代理店契約を結び、AGVの販売を開始した。MiRのAGV(=写真)は、磁気テープなどを敷設しなくても自律的に走行し、人などの障害物を避けながら目的地に到着できる。製造業の中小企業などに、プログラミングの知識がなくても簡単に導入できる搬送車として提案する。

上海でロボット新工場の建設を開始/ABB

上海でロボット新工場の建設を開始/ABB

スイスに本社を置く大手ロボットメーカーABBは9月12日、中国・上海でロボットの新工場の建設を開始した。2021年初めに操業を開始する予定。建築面積は6万7000㎡で、総投資額は1億5000万ドル(約162億円、1ドル当たり108円換算)。最先端の自動化技術を取り入れ、ロボットでロボットを製造する。人工知能技術などを研究する研究開発センターも設置する。

硬さ試験機とロボットを組み合わせて披露/ミツトヨ

硬さ試験機とロボットを組み合わせて披露/ミツトヨ

計測機器メーカーのミツトヨは、東京都江東区の東京ビッグサイトで9月11日から開かれている「第15回総合試験機器展」で、新製品のロックウェル硬さ試験機「HR-620B」を協働ロボットと組み合わせて披露した。担当者は「新たな計測方法を取り入れ、試験機の形を変えた。これによってロボットと組み合わせて使えるようになった」と胸を張る。

産ロボ専用の手袋を発売/東和コーポレーション

産ロボ専用の手袋を発売/東和コーポレーション

作業用手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、渡辺聡社長)は9月18日、ロボット専用のゴム手袋「ROBO Glove(ロボグローブ)」を発売する。手袋メーカーとして培った技術を生かし、表面に独自の滑り止め加工「マイクロフィニッシュ」を施した。これにより、水や油が付いた物も滑らずに持ち上げられる。合成ゴム層が手袋内部への水や油の侵入を防ぐため、水や油によるロボットやロボットハンドの故障も防げる。

可搬質量を高めサイクルタイムを短縮/ヤマハ発動機

可搬質量を高めサイクルタイムを短縮/ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は9月6日、小型の水平多関節(スカラ)ロボット「YK400XR」の後継機「YK400XE」を開発したと発表した。アームの剛性やコントローラーの性能を向上。最大可搬質量を従来比1.4倍の4kgに高め、標準サイクルタイムを10%短縮した。ボルトなどの位置を従来機とそろえているため、置き換えも容易。軌跡精度も向上しており、精密組み立てやシール剤を塗布するシーリング動作に適する。

仙台でロボットSIer向けイベントを開催/FA・ロボットシステムインテグレータ協会

FA・ロボットシステムインテグレータ協会(SIer協会、会長・久保田和雄三明機工社長)は9月26日、仙台市青葉区のTKPガーデンシティ仙台で「SIer’s Day(エスアイアーズ・デイ)in 仙台 2019 autumn(オータム)」を開催する。ロボットシステムの構築を担うシステムインテグレーター(SIer、エスアイアー)が対象のイベント。

TOP