生産現場のロボット化と自動化を支援するウェブマガジン

2021.10.01

連載

[お嫌いですか、ロボットは?#28]祝!宣言全面解除(上)

きらびやかに輝く都会の片隅にたたずむ1軒の老舗バー「王道」。
システムインテグレーター(SIer、エスアイアー)の次長・たにがわじろう行きつけのバーで、酒を酌みながらふと思い出す昔ばなし。酔った勢いで、他では語られない業界の裏話はまさに実話? アブナイ話も所詮は酔っ払いの戯れ言。悪しからず。

■たにがわじろう……SIerの次長。機械商社で産業用ロボットを導入した自動化の経験を買われ、10年前に新設されたSIerにヘッドハントされる。入社以来ずっと次長のまま。52歳のバツイチ。

――― ――― ――― ――― ――― ―――

――いらっしゃいませ。
 マスター元気? いやぁ、今週も疲れたわ。今月20日から名古屋で展示会があって、そこに出展するんだよ。まぁ今週だけじゃなく、店が休業してたふた月ほどずっと疲れっぱなしだったわ。

――休業中は何かとご迷惑をおかけしました。
 ううん、全然迷惑かけられてないよ。それより何、店の雰囲気が変わった気がするけど。

――お気づきですか? 休業中に、開店から35年で傷んだところをあちこち直したのと、オーディオシステムにも少し手を加えました。
 おおっ、女性ボーカルの高音がきれいだなと思ったらJBLかぁ。スピーカーの配置も変えたんだね。

――よくお気づきですね。あれこれ点検しているうちにアンプの真空管もダメにしてしまったんで、古い真空管を取り寄せたんですよ。
 マニアだねぇ、マスター。柱時計も変えたの?

――手入れしているうちにネジを巻きすぎて壊してしまったんです。「ダルマ」っていう珍しいタイプで、修理に3カ月かかるって言われたんで、付き合いのあるなじみの骨董屋に頼んで借りたんです。休業は商売としては痛かったですが、長く店を続けた分いろんなところに無理がかかっていたようです。長い休業で、いろいろ気づかされました。たにがわさん、いつものでいいですか? ジャックソーダで。
 うん、頼むわ。レモンをぎゅっとしぼってね。えっと、今夜のおすすめは「空心菜と卵の中華炒め」か。へぇー、いつの間にか中華メニューだね。でも、卵抜きを頼めるかな? 空心菜好きとしては、卵抜きの方がいいんだ。"ジョン"にも合うしね。

――ジョン、ですか?
 なーんだ、マスター知らないの? 「付き合いが長いから、オレは"ジョン"でいいんだよ」なんてセリフが、昔の映画にあったんだよ。

――たにがわさん、いつもならそろそろ・・・と、思い出話に移るころですが、今夜はいいんですか?
 いいんだよ、マスター。たまにはいつも通りじゃなくても。ふた月ぶりにこうして酒が飲めるんだから。ふた月ぶりのカウンターだよ。酒でふた月と言えば思い出すよ。川崎での物流の案件を。ふた月もかけたんだよなぁ……………。

TOP